×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×土佐酒造・桂月と草やのお料理を愉しむ会

【土佐酒造・桂月と草やのお料理を愉しむ会】

開催日 平成28年8月19日(金)

お時間 19:00~21:30
(開場 18:30~)

ご参加費 6,000 税込

募集定員 25名

お申込み 草や088-855-3436



※お申込み後のキャンセルにつきましては…
開催3日前迄にご連絡お願い致します。
以降の場合は準備の都合上、
ご参加費を申し受ける事になります。
何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。




1877年から土佐嶺北地方にて地元の方が誉れとする地酒を造り続けてきた土佐酒造。
「桂月」と言ったほうがピンとくるでしょうか?
それとも「金盃」「銀盃」?

良質の軟水で仕込んだ《土佐の酒飲みが最終的に行き着く酒》が、今、飛躍のときを迎えています。
今年姫路市で開催された国際的にメジャーなワインの品評会であるIWCこと「インターナショナル ワイン チャレンジ」にて、Sake部門・スパークリング清酒グループで、土佐酒造さんの「匠- John -」が金賞及びトロフィー(第1位)を受賞された事はまだ記憶に新しいニュースです。高知の酒蔵では初の金賞、そしてトロフィーとなりました。まるでシャンパンのような泡、白い花の可憐な香りに、十分な酸に添った繊細で長い余韻は味わう者を虜にしてやみません。

蔵を北に行ったところにある、イタリア・ピエモンテ地方の葡萄畑を彷彿とさせる嶺北の棚田。この美しい棚田で育ったブランド米である相川誉を使った純米吟醸酒「相川誉」の芯の通ったキレのある男性的な味わいは、この地方で採れる赤牛やジビエ肉を更に旨くすること請け合いです。

今回は草やで初めてお迎えする蔵ということもあり、いつも以上に店主もメニュー作成に力が入っております。猛暑の高知ですが、この日だけは桂月の受賞酒とともに冷涼な嶺北のテロワールを鷹匠町で感じて頂ければ幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。