×食のキャラバン番外編

草やの定休日に
 「高知工科大学生に、料理指導をしてもらえませんか?」
というお話をいただきました。場所は、毎週日曜日に仕入れに向かう香美市方面。
今は休校となっている、佐岡小学校です。


渡邊先生、村井さんからのお話なので、もちろん野草の料理です。



メニューは、当日調達できる野草を見てから。。。
という (ホンマですか?)=(((( •̀д•́)))




「和田さんならできるでしょ^^」…とサラッという渡邊先生談に ひぇープレッシャー


そして当日
「食材は行ってみんとわからんけど、何とかなる!」
…という店主の発言にとまどいながら佐岡小学校へ記録係の妻(私)も同行しましたー
仕入れに通い慣れた道。
この日は、一度仕入れた食材をお店に持ち帰り準備してから再度香美市へ。

     佐岡小学校へ到着~!




作った料理は7品。
①オトコエシの菜飯
②カスマグサのみそ汁
③セリのおひたし
④オドリコソウと豚肉の炒め物
⑤山菜の天ぷらと葉わさびの天つゆ
⑥ガマズミとアキグミのゼリー
⑦ナズナのおかゆ


昨年の6月草やで開催の「食のキャラバン」のときのようにたくさんの野草が準備されています。
 なんとまあ 高知には未利用植物の豊富なこと!すごい品ぞろえです。

高知工科大9人の学生さんたちがマスターの話を真剣に聞いてくれて調理をしました。
馴れない調理も、真面目に取り組む姿に感動。

どんなふうに育てたらそんなになりますの?
年の近い我が子をついつい思い浮かべてしまう(苦笑)
 それは…育った環境ももちろんですが
渡邊先生や村井さんの「自ら率先してやる」姿勢をみているからだろうと思います。
工科大学の学生さんは素晴らしい環境で、ほんとうに幸せですね。







図書室に移動して、地域の皆さんと一緒に試食しました。
 日が暮れた学校の灯りは、何だかとても懐かしく温かい。。。

ず~っと昔。
僻地の小学校教員をしていた母の、赴任先の学校を思い出します。
小学校の夏休みを利用して会いに行った思い出。
その学校の図書室。何故だかとても鮮明に覚えています。
そこで見たテレビ番組まで。。。

思い出がたくさん詰まった小学校。
休校になってだれも通うことがなくなっても、これから地域の交流の場として利用計画があるのだと聞きました。
嬉しいですね。ぜひぜひ皆の思い出の場所を、これからも活かしてほしいと願います。





山の恵みの贅沢なゼリーです! トッピングはシマサルナシ(キウィ原型)とフユイチゴ。





詳細は村井さんの丁寧な記事を
是非ご覧ください↓
http://ryosukemurai.com/?p=76
知識さえあれば、山の幸だけで贅沢な食事はできる





草やのFacebookページにも
当日の写真を投稿していますので、
よかったらご覧くださいね。



佐岡地区のみなさんが
キャンドルナイトを計画しているようです。すてき★
佐岡の人口の数だけ灯すのだとか。
飲み物、お料理など持ち寄りで無料で参加できるようですよー(๑′ᴗ‵๑)


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://kusatune.blog13.fc2.com/tb.php/555-09a52f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)