×草やの庭で鰹の藁焼き

須崎直送、最高の鰹。

漁は天候次第
まして、この日この時のタイミングで
極上の鰹が入荷したのは、きっと意味があることなのでしょう。

https://www.facebook.com/pages/Yuzu-Tour-Japan-2014/566889046713415
Yuzu Tour Japan 2014
主にヨーロッパの方々に、美味しい高知の良さを知っていただくという企画で
1月9日リオネルさんが来高、関係者のみなさまと来店されました。

 当日のお料理など
関係者のおひとり、Craps塩田さんのブログでとても詳しくご紹介いただきました。
ありがとうございました!
Crapsの【今夜はBARへ行こう!】
http://ryomaden95.blog101.fc2.com/blog-entry-81.html
管理栄養士・江利香さんブログにも
あなたと高知のかけはしブログ ”毎日、エイネ。”
http://eine-kochi.seesaa.net/article/385244570.html
 恐れ入ります。お誉めいただいて嬉しいです。



高知の柑橘や食べ物にとても興味がおありのリオネルさん。
高知ならではのお料理、
草や厨房で、鰹のタタキの料理写真を撮りたいというお申し出。
それならば、店主かねてより考えていたお庭での藁焼きを実現してみよう!
…ということになったわけです。

※以下リオネルさん撮影お写真よりお借りいたしました

藁焼きに使用のこのドラム缶は…

チキンガレージさんから譲り受けたドラム缶を、お正月休みにマスターがノコギリで切ったもの。
包丁なら未だしも、ノコギリ経験 初心者に等しい故
かなりの時間を有したらしく
「正月からイイ汗かいた~」という珍しい新年を迎えたのです(^O^)/

ドラム缶以外にも、たくさんの方から無農薬の藁など様々な情報をいただきました。
いろんな方のご協力のもと実現した
この鰹藁焼きタタキのお味は、それはもうもちろん言葉に尽くせないほどの絶品でございました!

皆様のご協力の温かいお気持ちが、より一層美味しくしたのだと実感!感激でした。
この場を借りて、
みなさまにお礼を言わせてください。
ありがとうございました。









この日 鰹たたきに添えられた柑橘は小夏。
初夏を思い出させる爽やかな香りと、藁焼き独特の香りが風味豊かで食欲をそそります。





リオネルさん、江利香さん
その他関係者のみなさま
今から実現が待ち遠しいですね!

草やも精一杯のお料理で、おもてなしさせていただきます!

 これはワタクシの撮影
☆藁焼きを撮影する皆様を撮影(*^。^*)



昨日のこと、喫茶座文さんより
無農薬 古代米の藁を分けていただき
また次の藁焼きが楽しみになりました!

^ ^古代米は藁が標準より長いのですね。


今年も草やを何卒宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m
人気ブログランキングへ
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://kusatune.blog13.fc2.com/tb.php/478-acc9d800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)